相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
阪神大震災を忘れないで

不動産活用 相続税還付 相続基本 相続手続 財産調査 遺産分割 名義変更・登記
相続税 生前贈与 保険活用 遺言 成年後見 債務整理 報酬表
相続支援
≫ 相続支援「未来」 ≫遺言 前ページに戻る

遺言書は、「相続争いを防ぐため」と、よく言われます。
しかし、故人のひとりよがりな遺言書があったことで、かえって
円満だった家族関係がこじれるケースもあります。
争いのおそれの可能性がない場合は、遺言書を作成する必要性は
小さいと言えますし、作成する場合は、十分な検討と注意が必要です。


遺言が必要な場合

では、遺言書があった方が良い場合とは?

  • 夫婦間に子どもがいない
  • 婚姻届を出していないが事実上の夫婦(内縁関係)
  • 離婚や再婚により、前妻に子どもがいる
  • 相続財産のうち、不動産が多い
  • 財産を遺したい人、遺したくない人がいる
  • 親の介護が複雑にからんでいる
  • 家族の仲が悪い
  • 重大な障害を持つ子どもがいる

遺言書の種類

遺言の方式には、「普通方式」(自筆証書遺言・公正証書遺言・
秘密証書遺言)と、「特別方式」(危急時遺言・隔絶地遺言)が
ありますが、通常は、「普通方式」で作成され、普通方式による
遺言ができない場合に、「特別方式」が用いられます。

1)自筆証書遺言

遺言書をご自身で作成するもので、いつでも訂正できますし、決まった
様式がなく、費用もかかりません。

ただし、要件不備により無効になったり、紛失、改ざんの危険がありま
すので、慎重さが求められます。

≪ 作成上の注意点 ≫

  • 全文、日付を自筆し、署名押印する。(パソコン等は使えません。)
  • 土地や家屋の所在地、面積などは、登記簿どおりにする。
  • 日付は特定できる日付を書き、氏名は戸籍上の名で書く。
  • 印鑑はなるべく実印にする。
  • 間違った場合は、訂正するより書きなおす方がよい。
  • 相続後のトラブル防止の為、また、ご家族への感謝の気持ちを
    表すためにも、「付言事項」(思いやりの言葉)を書き添える。
  • 簡単に人に見られなくするために、封筒に入れて封印しておく。

自筆証書遺言書が死後発見されれば、家庭裁判所に持参し、
「検認」手続きが義務付けられています。




<「自筆証書遺言書」作成見本 >

遺言書

遺言者 大阪○○ は、次のとおり遺言する。

  1. 遺言者は、妻 大阪△△(昭和○年○月○日生)に、以下の不動産を相続させる。

    (1) 所在    大阪府大阪市○○区○○町◯丁目
        地番    △番△
        地目    宅地
        地積    △△.△平方メートル

    (2) 所在    大阪府大阪市○○区○○町◯丁目
        家屋地号 △番△
        種類    居宅
        構造    木造瓦葺2階建
        床面積   1階 △△.△平方メートル
               2階 △△.△平方メートル

  2. 遺言者は、長男 大阪□□(昭和○年○月○日生)に、以下の財産を相続させる。

    (1) ○○銀行△△支店の遺言者名義の預金債権すべて

  3. 遺言者は、次男 大阪▽▽(昭和○年○月○日生)に、以下の財産を相続させる。

    (1) 株式会社○○の株券すべて

  4. 本遺言書に記載のないその他の財産一切を、妻 大阪△△に相続させる。

  5. 遺言者は、本遺言の執行者として、司法書士 吉田○○(昭和○年○月○日生、兵庫県西宮市○○町○丁目○番地在住)を指定する。

  6. (付言事項)
    お母さんの老後の生活を考え、自宅はお母さんにそのまま住んでもらう。
    長男 □□と次男 ▽▽は、力を合わせてお母さんの老後の面倒をみてやってほしい。
       
  平成21年○月○日
大阪府大阪市○○区○○町○丁目○番○
遺言者  大 阪 ○ ○    <実印>




2)公正証書遺言

承認2人以上の立ち合いのもと、遺言者が口頭で述べた内容を、
公証人が作成するもので、要件不備で無効になることもなく、
裁判所の検認も必要ありません。

原本は、公証役場に保管されるため、安全で確実に遺言を実現
できます。その反面、デメリットもあります。

  • 通常10万〜15万円の手数料が必要
  • 証人2人以上が義務づけられるので、その手配が面倒
  • 打ち合わせなどの手間がかかる
  • 遺言書の内容を秘密にしておくことは不可能

3)秘密証書遺言

「自筆証書遺言書」と「秘密証書遺言書」のいい面を掛け合わせた
ものと言えます。
秘密性を保持するために、遺言者ご自身で作成し、遺言の存在は
第三者によって証明してもらう方式です。

ただし、記載内容不備により、無効になる危険はありますので、
信頼のおける専門家(司法書士や弁護士)に相談されるのが賢明
でしょう。



お気軽にお電話ください



≫ 相続支援 「未来」 ≫遺言 トップに戻る▲
 

Copyright (C) ドリームズ・フォスター リーガルネット ALL Right Reserved.  個人情報保護方針