相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
阪神大震災を忘れないで

不動産活用 相続税還付 相続基本 相続手続 財産調査 遺産分割 名義変更・登記
相続税 生前贈与 保険活用 遺言 成年後見 債務整理 報酬表
相続支援
≫ 相続支援「現在」 ≫遺産分割 前ページに戻る

相続が発生しますと、遺産は一旦相続人全員による共同所有となります。
「共同所有遺産を、各相続人に具体的に配分する手続き」が遺産分割です。

財産ごとに相続人を決めたり、財産を売却して得た代金を分割したり、
色々な合意によって、法定相続分や遺言の指定とは異なる分割をすることも可能です。

“円満な遺産分割ができれば、相続は成功”と言えます。


私たちは、将来を見据えた最善の分割方法を検討し、円満な遺産分割実現のための
ご支援(仲介・取りまとめ)もいたします。

遺産分割の種類
・現物分割
相続財産を現物そのままの形で分け合うことです。
わかりやすい反面、この方法だけでは、財産を公平に
分けることが難しくなります。

・代償分割
ある相続人が財産の現物を取得して、他の相続人に
対価を支払う方法です。

分割するわけにはいかない不動産があるときに適しています。

・換価分割
相続財産を売却して、売却代金を相続人で分け合う方法です。
ただし、この方法では自宅の土地も売ることになりますので、
実家を残すことは難しくなります。

特別受益

被相続人から遺贈(遺言による贈与)を受けたり、生前に
結婚や生活のために多額の資金援助を受けたりすることです。


特別受益は、財産の前渡しと扱われ、その人の相続分が修正されます。

寄与分

被相続人の財産の維持、または増加に特別の貢献をした人に対して、
法定相続分以上の取り分が認められることです。

特別の貢献ですから、通常の家事労働や看病、親孝行などは
認められません。

遺産分割協議

遺産分割協議には、相続人全員が参加しなければならず、
一部の相続人が参加していなければ、無効になります。

  • 遺言で分割が禁止されていない限り、相続開始後いつでも
    遺産分割できます。
  • 包括受遺者や相続分の譲受人がいる場合は、それらの人も
    協議に参加します。
  • 協議は代理人でもできます。
  • 電話での話し合いや郵便による協議も可能です。
  • 相続人の中に未成年者がいて、親権者も相続人の場合は、特別代理人の
    選任が必要です。(家庭裁判所に選任の申し立てをします。)
  • 認知症のお年寄りがいる場合には、成年後見人の選任が必要です。
    (家庭裁判所に選任の申し立てをします。)

分割協議が整いますと、「遺産分割協議書」を作成します。
これは強制ではありませんが、相続登記等の名義変更の際に
必要となります。


「だれが」「何を」「どんな方法で」取得したのかを記載し、
相続人全員の署名・押印(実印)が必要です。


<遺産分割協議書 作成見本>
遺産分割協議書サンプル(ワード形式) ダウンロード 

遺産分割協議書

 平成21年◯月◯日、大阪〇〇の死亡によって開始した相続につき、共同相続人である大阪××、
大阪□□、大阪△△の3名は、次のとおり相続財産について遺産分割の協議をしました。

  1.  相続人 大阪××は、次の遺産を取得するものとします。
     (1) 〇〇市〇〇区△△町△丁目△番所在 宅地 △△.△平方メートル
     (2) 同所 家屋番号○番 木造瓦葺2階建て居宅
        床面積 1階△△平方メートル 2階△△平方メートル

  2.  相続人 大阪□□は、次の遺産を取得するものとします。
     (1) ◯◯銀行△△支店の被相続人名義の預金1,000万円

  3.  相続人 大阪△△は、次の遺産を取得するものとします。
     (1) 株式会社△△ 株式1万株

 上記のとおり遺産分割協議が成立したことを証するため、本書3通を作成し、
 相続人全員が署名・押印して各自その1通を所持するものとします。

 平成21年◯月◯日
〇〇市〇〇区△△町△丁目◯番△号
相続人 大阪×× [実印]
〇〇市〇〇区△△町△丁目◯番△号
相続人 大阪□□ [実印]
〇〇市〇〇区△△町△丁目◯番△号
相続人 大阪△△ [実印]



円満な遺産分割のために

★ 将来を考えての分割
資産の大半を所有する父親が亡くなった場合(一次相続)、
将来発生するであろう母親の相続(二次相続)後の分割を
想定したものにしましょう。

二次相続では、親という重しがないため、一次相続での不満が
爆発してしまうこともあるからです。

★ 介護貢献者の尊重
介護者がすべて寄与分として認められるわけではありません。
しかし、介護は大変な作業。最後まで親の面倒を看てきた者が、
その住まいなどを相続すべきとも考えられます。

★ 不動産の共有は避ける
売るわけには行かない不動産がある場合、不動産を共有にしたり、
建物と敷地を別の人のものにしたり、権利関係を複雑にすることは、
後々のトラブルの原因となります。

★ 譲り合いの心
各相続人がお互いに相手の立場や考え方を理解し、譲り合いの心を
持って話し合うことが大切です。

遺産分割が最終的にまとまらなかったら、裁判所の調停さらには
裁判にもちこまれます。
しかし、「相続が裁判で解決してよかった」と言っている人は、
圧倒的に少数です。

また、遺産分割が決まらないと、相続税の特例も使えなくなります。


お気軽にお電話ください



≫ 相続支援 「現在」 ≫遺産分割 トップに戻る▲
 

Copyright (C) ドリームズ・フォスター リーガルネット ALL Right Reserved.  個人情報保護方針