相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
コスト削減申請代行

(電気契約最適診断)
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
ヒーリングクリエーター
遺産相続Q&A

遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A

わたしは会社経営者(オーナー)ですが、相続はどうなりますか

オーナー(株式を所有する)として経営する非上場の会社はあなたの相続人にとっては相続税法上、相続財産になります。非上場会社の相続税法上の評価は想像以上に高額な評価になる場合もありますので注意が必要です。 ひとつの事例としては、経営者であるオーナーが会社へ多額の資金を貸し付けていた場合に、その貸付資金も立派な相続財産となりますから注意が必要です。 また、知人や友人に好意で貸し付けたお金も債権として相続財産になります。 事業承継の問題は、現実的な跡継ぎの問題の前に相続税法上の問題もしっかりと考慮しておかないと、相続人には思わぬ相続税額がかかってきます。 また、会社のオーナーの場合には、会社の借金の連帯債務者になっている場合が多いのですが、その会社の借金も相続人は相続することになり注意が必要です。借金の方が相続財産を上回る場合には、相続発生してから3月以内に家庭裁判所に相続放棄(※19)または限定承認(※20)を申し立てます。

<用語解説>
※19 相続放棄・・・相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することです。被相続人の借金が多額な場合や事業承継などで家業を安定させるために兄弟姉妹が相続を辞退する場合などには有効です。相続放棄をすると初めから相続人ではないとみなされます。相続放棄すると直系卑属(※21)であっても代襲相続はありません。
※20 限定承認・・・・限定承認とは、相続人が相続財産を相続するときに相続財産を限度として相続することです。つまりマイナスの相続財産は相続しなくていいことになります。
※21 直系卑属・・・・自分より前の世代に属する父母、祖父母などを尊属といい、自分より後の世代に属する子、孫などを卑属といいます。また、直系とは親族のうち祖父母、父母、子、孫などのように祖先から子孫へと続く親系をいいます。

>> 遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A 一覧へ戻る 

Copyright (C) D・フォスター リーガルネット ALL Right Reserved.