相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
コスト削減申請代行

(電気契約最適診断)
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
ヒーリングクリエーター
遺産相続Q&A

遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A

わたしの自宅は一戸建て住宅ですが、相続ではどうなりますか?

相続財産の中で一戸建てのご自宅はマンションと違って一般の不動産市場における流通性やその活用には注意が必要です。マンションなら通常は不動産としての流通性がありますので、それなりの価格で売却や賃貸が可能です。ただ、リゾートマンションは注意が必要です。 ところが、一戸建ての住宅はメリットとデメリットが相反していることが多いのです。一戸建ての住宅は、メリットとして場所のいい物件であれば売却も賃貸もマンションと同様に可能です。しかし、場所によっては売却も賃貸も思ったような金額で可能にはならないこともでてきます。建築条件(※18)がいい場所であれば、建替えてアパートにするといった土地活用も容易ですが、建築条件が悪い場所の場合にはそういったことができないことも多いのです。特に地方都市の古い分譲地などはほとんど流通性がなくなっている場合もあります。そういった過疎化した分譲地は、賃貸もままならず売却もできずにただその不動産を所有しているだけにとどまらず高い固定資産税を永遠に払い続けなければならないというまさに負の資産になることも想定されます。

<用語解説>
※18 建築条件には、建蔽率(けんぺいりつ)や容積率(ようせきりつ)といった建築基準法上の条件と沿線や駅からの距離といった周辺の市場性の条件という2つの条件があります。

>> 遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A 一覧へ戻る 

Copyright (C) D・フォスター リーガルネット ALL Right Reserved.