相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
コスト削減申請代行

(電気契約最適診断)
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
ヒーリングクリエーター
遺産相続Q&A

遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A

わたしの財産には兄弟と共有の不動産があります

不動産の遺産分割は共有すると将来の売却や相続でトラブルとなります。 それは、共有者同士の利害関係の調整が難しいからです。調整が難しいためにその不動産の現金化や活用が難しくなる可能性があります。
たとえば、祖父の時代の相続で叔父叔母5人の共有不動産を相続した事例で、このようなケースがあります。他の共有者である叔父叔母はすでに他界しており、最終的に共有者は叔父叔母の子どもである従兄弟10人になっています。 そして、共有の相続財産は古い老朽のマンションで、すでに賃借人もいなくて廃墟になっているというのです。なぜなら共有者10人がその不動産の活用について意見が分かれてしまい先に進めないからです。つまり、売却も建替えもままならず永遠と朽ち果てていき、固定資産税だけ共有者が払い続けていくことになります。もはやこれは財産でなく負の資産といえるので注意が必要です。

>> 遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A 一覧へ戻る 

Copyright (C) D・フォスター リーガルネット ALL Right Reserved.