相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
コスト削減申請代行

(電気契約最適診断)
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
ヒーリングクリエーター
遺産相続Q&A

遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A

わたしは、アパートやマンション・駐車場などの賃貸不動産をもっていますが

自宅以外の不動産は、いざ現金化しようとするときに問題がでてくることがあります。 まず、アパートの築年数が短いとその建築資金の借り入れがまだ残っていることが多いと思います。 そうなると、そのアパートを相続した相続人はそのアパートの借金を引き継ぐことになります。アパートは長男が相続して借金は次男が相続するというわけにはいかないのです。
また、家賃などの収益のあるアパートなどの不動産は、管理や修繕費などの問題がでてきます。そして、老朽化したアパートをマンションに建替えようと計画したり売却をしたいと思っても立ち退き問題でトラブルになったり、最悪の場合には訴訟問題に発展する可能性も考えられます。
ただし、法律上、正当事由がなければ立ち退きはほぼ不可能となります。立ち退きの問題をかかえての売却も可能ですがそれなりの売却金額にしかなりません。 また、相続財産を共有した場合には将来の建替えや売却を踏まえ、共有者同士で意見がまとまらないケースも多く見られます。

>> 遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A 一覧へ戻る 

Copyright (C) D・フォスター リーガルネット ALL Right Reserved.