相続・建築・助成金・交通事故サポートなら大阪市北区のドリームズ・フォスター

大阪府・兵庫県を中心に「近畿一円」からご相談承ります。
トップページ お問い合わせ 遺産相続Q&A
相続FP ドリームズ・フォスター リーガルネット
お気軽にお電話ください!
06-6130-0331
平日 9:00〜18:00
0798-26-5405
土曜 11:00〜20:00
 大阪市・西宮市の一級建築士・CFP・司法書士・行政書士・税理士ネットワーク 
 相続・交通事故・独立開業 に 誠意対応します! 
初回無料
無料相談実施中!
「円満相続のポイント」

≫ 無料ダウンロード!
遺産相続Q&A
講師・取材依頼
「会社設立登記は   
    自分でできる」
≫マニュアルプレゼント
「交通事故で     
  泣き寝入りしない」
≫小冊子プレゼント
<コンテンツ>
相続支援
独立開業・助成金
交通事故
建築調査・診断設計
コスト削減申請代行

(電気契約最適診断)
行政書士様   

司法書士様 募集
保険代理店様   

不動産業者様 募集
国家資格をめざす方へ
国家資格(行政書士)

非常識合格方法!
にゃんこ先生の 
「ねこちゃん相談室」
運営事務所
相互リンク
ヒーリングクリエーター
遺産相続Q&A

遺産相続(相続税・登記・手続き・調整)Q&A

わたしは会社経営者(オーナー)ですが、相続はどうなりますか

オーナー(株式を所有する)として経営する非上場の会社はあなたの相続人にとっては相続税法上、相続財産になります。非上場会社の相続税法上の評価は想像以上に高額な評価になる場合もありますので注意が必要です。 ひとつの事例としては、経営者であるオーナーが会社へ多額の資金を貸し付けていた場合に、その貸付資金も立派な相続財産となりますから注意が必要です。 また、知人や友人に好意で貸し付けたお金も債権として相...

全文はこちら »

わたしには養子はいますが、相続はどうなりますか

あなたの相続人が相続税の納税義務者になる場合には、民法上では養子は何人でも可能ですが、相続税法上では養子を一人までしか相続人として認められませんので注意が必要です。また、養子は、その税額が2割アップになりますので注意が必要です。 ...

全文はこちら »

わたしの自宅は一戸建て住宅ですが、相続ではどうなりますか

相続財産の中で一戸建てのご自宅はマンションと違って一般の不動産市場における流通性やその活用には注意が必要です。マンションなら通常は不動産としての流通性がありますので、それなりの価格で売却や賃貸が可能です。ただ、リゾートマンションは注意が必要です。 ところが、一戸建ての住宅はメリットとデメリットが相反していることが多いのです。一戸建ての住宅は、メリットとして場所のいい物件であれば売却も賃貸もマンシ...

全文はこちら »

わたしの財産には兄弟と共有の不動産があります

不動産の遺産分割は共有すると将来の売却や相続でトラブルとなります。 それは、共有者同士の利害関係の調整が難しいからです。調整が難しいためにその不動産の現金化や活用が難しくなる可能性があります。 たとえば、祖父の時代の相続で叔父叔母5人の共有不動産を相続した事例で、このようなケースがあります。 他の共有者である叔父叔母はすでに他界しており、最終的に共有者は叔父叔母の子どもである従兄弟10人になって...

全文はこちら »

わたしは、アパートやマンション・駐車場などの賃貸不動産をもっていますが

自宅以外の不動産は、いざ現金化しようとするときに問題がでてくることがあります。 まず、アパートの築年数が短いとその建築資金の借り入れがまだ残っていることが多いと思います。 そうなると、そのアパートを相続した相続人はそのアパートの借金を引き継ぐことになります。アパートは長男が相続して借金は次男が相続するというわけにはいかないのです。 また、家賃などの収益のあるアパートなどの不動産は、管理や修繕費な...

全文はこちら »

わたしの親族に行方のわからない者や連絡がとれない人がいるのですが

もし、その場合には相続がスムーズに行われない可能性がります。 親族の中で意外にも行方のわからない方や連絡がとれない方がでてくることがあります。20年前の結婚式であったきりで、それ以来音信不通の場合もあるでしょう。 親族の葬式の時に現れないからといってそのまま放っておくと、その方を相続人として探す時には困難を極めます。 相続時、どうしても行方がわからない場合は家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し...

全文はこちら »

わたしの相続では、パートナー(配偶者)にすべての財産を相続させたいですが

注意して遺言書を作成しないといざ相続の時にトラブルになる可能性があります。 配偶者以外に相続人がいない場合には、すべての財産は配偶者に相続となります。しかし、配偶者にすべての財産を相続することは遺言書をもっても遺留分を侵害してはできないことになります。 たとえば、子どもには相続させたくないと思って遺言書を作成しても子どもたちには法定相続分の1/2の遺留分※があります。あなたに子どもや孫といった直...

全文はこちら »

わたしの相続では、ある一人(特定)の相続人に財産を多く相続させたいのですが

遺言書を作成しておかないと、望みとおりの相続が実現できない可能性があります。 あなたの相続人の一人により多くの財産を残したいと思っても、相続人には遺留分※8がありますから遺言書作成には注意が必要です。そういった場合には一般的遺言書※9作成が有効ですが、遺言書には自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言があります。最近は公正証書遺言が一般的になってきています。 ※8遺留分とは、民法で定められた兄弟...

全文はこちら »

わたしの相続では、法定相続人以外にも財産を相続させたいのですが

遺言書を作成しておかないと実現できない可能性があります。 法定相続人※以外は相続人になれないので、生前に遺言書を作成しておかないとあなたの意思は実現できないことになります。遺言書を作成することで相続人以外にも相続できるようになります。 ただ、遺言書作成には、相続人への遺留分※には注意が必要です。相続人がいない場合には、相続発生後に法定相続人以外が特別縁故者※として家庭裁判所に申し立てることができ...

全文はこちら »

私には相続人として代襲相続人がいますが、私の相続はどうなりますか

代襲相続人※5がいるということは当初の相続人が死亡しているということになりますが、その場合に死亡した当初の相続人には配偶者がいることになります。代襲相続人が若い場合には、遺産分割協議には代襲相続人の親である配偶者にも配慮が必要となりますから注意が必要になります。 また、代襲相続人が未成年者や被成年後見人の場合、その保護者や成年後見人が被相続人の養子になって相続人の場合には代襲相続人と相続人同士と...

全文はこちら »

私には子どもはいませんが、私の相続はどうなりますか

あなたに子どもがいない場合には、あなた(被相続人)の相続人はあなたの配偶者とあなたの直系尊属であるあなたのご両親や祖父母になります。また、すでにご両親や祖父母がいない場合には、あなたの相続人はあなたの配偶者とあなたの兄弟姉妹となります。 あなたの相続人があなたの配偶者とあなたの兄弟姉妹の兄弟姉妹の場合に、法定相続人としてあなたの遺産の1/4を相続する権利があります。配偶者の相続分は3/4までです...

全文はこちら »

私には配偶者がいませんが、私の相続はどうなりますか

あなたにはすでに配偶者がいませんので、あなたの子どもが相続人になります。もし、あなたに子どもがいない場合には、あなたのご両親が相続人になります。 ご両親やさらにあなたの祖父母もすでにいない場合には、あなたの兄弟姉妹が相続人になります。また、兄弟姉妹もいない場合には、あなたの甥や姪が相続人になります。 もし、あなたの相続人が相続税の納税義務者になる場合には注意が必要です。あなたの相続人は、配偶者が...

全文はこちら »